近年の超低金利時代、金融機関に預けるよりも、その分の資産を運用した方が良いと考えていらっしゃる方も多いようですね。そこで、初心者にも人気になっているのが、投資信託です。以前は証券会社に口座が無ければ運用出来なかったのですが、銀行や郵便局でも取り扱いが始まり、手軽に始められる資産運用となったようです。ただ、手軽に始められると言っても、投資信託には様々な種類や分類があり、それぞれリターンやリスクの大きさが異なっています。ここで、投資信託の種類をまとめてみましょう。 <投資する対象で分類> ・株式を一切組入れず、国債や社債等の公社債を中心に運用する、公社債投資信託 ・株式を組入れて運用する、株式投資信託 ・不動産を投資の対象とする、不動産投資信託(REIT) <利益目標や運用方法等の投資スタンスによって分類> ・パッシブ型投資信託(インデックス型) ・アクティブ型投資信託 ・絶対収益追求型投資信託 <投資期間や投資が可能となる時期で分類> ・いつでも誰でも追加で応募する事が出来る、オープン型(追加型)投資信託 ・募集時のみ応募出来る、クローズ型(単位型)投資信託 ・証券取引所に上場している、ETF(上場投資信託) ・多くの投資家に対して募集をかける、公募投信 ・限られた範囲の投資家に対して募集をかける、私募投信 <利益の分配方法で分類> ・無分配型投資信託 ・累積投資型(再投資型)投資信託 ・分配型投資信託 投資信託を行う場合には、種類によっても異なるリスクを十分に理解するようにして下さいー